南京大虐殺の虚構 ロゴ1.png
青少年育成連合会ロゴ.jpg
いじめから子供を守ろうネットワーク rogo.jpg
沖縄支局 ロゴ 枠付き.png
カマゴンの世直しブログ.png
headerLogo.jpg
もの申す2

2014年10月31日

普天間基地のオスプレイ部隊が「航空安全賞」を受賞【在日米軍・海兵隊】 普天間基地のオスプレイ部隊が「航空安全賞」を受賞【在日米軍・海兵隊】

沖縄県のアメリカ海兵隊普天間航空基地で、戦術輸送機「MV-22B オスプレイ」を運用するアメリカ海兵隊第265中型ティルトローター飛行隊は10日、アメリカ海軍作戦部長航空安全賞を受賞した。

画像をクリック

NAVERまとめ.jpg
posted by たわごとオヤジ at 18:55| Comment(0) | NAVERまとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

失業対策から雇用創出へ ―― シュレーダー改革から学ぶ

HS政経塾1期卒塾生
伊藤のぞみ

伊藤のぞみ 画像.jpg



◆ドイツ経済、マイナス0.2%成長の衝撃

ヨーロッパ経済を牽引していたドイツ経済の経済成長率(GDP成長率)が−0.2%であったということは、前回も触れました。

ドイツはロシアから天然ガスの37%を輸入しており、貿易の取引額は全体の12.5%を占めています。ドイツ景気停滞の第一の原因はロシアへの経済制裁です。

ただ、ドイツ国内では、もう一つ原因があるのではないかといわれています。それが、メルケル首相の経済政策です。

実は、メルケル首相の前にドイツ首相をしていた社会民主党(SPD)のゲアハルト・シュレーダーはSPDの党首でありながら失業手当の削減、労働規制の緩和、社会保障改革、法人税減税を行ない、東西ドイツ統一以降「欧州の病人」といわれたドイツ経済を復活に導きました。

しかし、失業手当の削減と社会保障の縮小を断行したため、従来のSPD支持者を失い、05年の連邦議会選挙でメルケル首相のキリスト教民主同盟(CDU)に僅差で破れ、政権を去りました。

◆左派色の強い大連立政権

現在、問題とされていのは昨年12月に発足した大連立政権が立案した経済政策です。

メルケル首相が率いるCDUは三ヶ月の交渉を経てキリスト教社会同盟とSPDの三党で大連立政権を成立しました。

連立政権参加したSPDは8.5ユーロ(約1200円)の法廷最低賃金の導入や、条件を満たした高齢者に対し、年金の支給開始を二年間前倒しすることを認め、シュレーダー改革とは全く別の方向に舵を切りました。

その影響が出てドイツ経済が停滞しているのではないか、という見方が広がっているため、メルケル首相もシュレーダー改革の方向に針路を戻そうとしているとも伝えられています。

◆シュレーダー改革 − アジェンダ2010 − の概要

それでは、再評価されつつあるシュレーダー改革「アジェンダ2010」について概要を見ていきます。

この改革の成果が現れるのが2010年頃になるという予測のもとつけられました。

この「アジェンダ2010」はフォルクスワーゲンで労務担当役員をしていたペーター・ハルツを委員長とした委員会の報告をもとにつくられ、2003年から実施されました。

「アジェンダ2010」は改革の成果が出るのが2010年頃になる、ということでつけられたものです。

シュレーダー元首相が最も重視したことは、「失業者の削減」です。

 ▼ 2003年に施行された政策
 ・失業者を派遣労働者として登録し、仕事を紹介する人材サービス機関を設置する
 ・起業を通じた自立プログラム
 ・所得税、社会保険料が部分的に免除される低賃金制度の導入

 ▼ 2004年に施行された政策
 ・ハローワーク機能の強化
 ・失業手当の受給期間を短縮

 ▼ 2005年に施行された政策
 ・半永久的に給付していた失業扶助と社会扶助を統合し、新しい失業給付に統合


最後にあげた失業扶助の廃止によって、ドイツの失業率が2.8%低下したと、ドイツ連邦銀行のミヒャエル・クラウゼと米シカゴ大学のハラルド・ウーリッヒ教授は論文で述べています。

さらに、面白い政策が「労働時間貯蓄制度」の導入です。

これは時間外労働に関して割増賃金を払うのではなく、貯蓄のようにためておいて、仕事が暇になったときに消化する制度です。

これによって景気の動向に雇用が左右されることなく、繁忙期には労働時間を貯めておき、閑散期には貯めた労働時間を使うので、仕事がなくなったからといって解雇される心配はありません。

※会社は解雇する場合、貯蓄した労働時間に見合った割増賃金を払う必要がある。
参考『独の労働市場改革に学べ』鶴 光太郎
http://www.rieti.go.jp/jp/papers/contribution/tsuru/21.html


◆左翼思想は国を衰退させる

幸福の科学グループの大川隆法総裁の近著『国際政治を見る眼』には、「『左翼思想が流行ってくると、国が凋落する』ということを、もっと徹底的に知ったほうがよいでしょう。」(p.129)とあります。

『国際政治を見る眼――世界秩序[ワールド・オーダー]の新基準とは何か』大川隆法著
http://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=1307


一つの国という大きなくくりから見ると、失業者が多いということは養わなければならない人が多い、ということです。

家族であっても、扶養者が2人、3人、4人であれば養うことができても、10人、20人、30人であれば苦しくなってくるでしょう。

ですから、政府としては働く意欲のある人に仕事を紹介する、新しい仕事を創ることで働いてもらい、養わなくてはいけない人を必要最低限にすることが最優先課題です。

幸いなことに、日本には勤勉の美徳が文化として根付いています。

この美徳の上に空前の繁栄を実現し、世界に拡げてゆきたいと思います。

posted by たわごとオヤジ at 17:45| Comment(0) | 幸福実現党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

翁長雄志確認書

手●登さんの投稿

おはようございます。

南の島は、久しぶりの雨の朝。

水が濁ればチヌの活性が上がるかなと妄想中・・・

話は変わりますが昨年の1月、沖縄は集団発狂のような異常な空気の中にありました。


翁長那覇市長(当時)を筆頭とした「オスプレイ反対」「オール沖縄」という暗雲が、各自治体の首長を覆っていたのです。

「オール沖縄」、というのは沖縄の全ての自治体の首長を取り込むことであり、そんな中で最後までなかなか首を縦に振らない首長がおられました。

石垣市の中山市長です。

彼を参加させないと、「オール沖縄」が成立しない。

そこで沖縄県議の「玉城義和」氏と「翁長健志」那覇市長(当時)によって中山市長の説得が行われました。

当時、沖縄の新聞やTVは「オール沖縄に参加しないと沖縄県民にあらず」、というキャンペーンを張っており、政治家がそれに抗うことはマスコミからネガティブキャンペーンを仕掛けられ、政治生命を失うと恐れられていました。

沖縄の2大新聞を筆頭としたマスコミが県民感情を煽り、同じ方向へ誘導しようとする「同調圧力」が政治家や沖縄県民に押し付けられたのです。

「オール沖縄」に中山市長が参加したとき、マスコミによって作られた「大政翼賛会」が亡霊のように出現した気がして、「歴史は繰り返す」を肌で感じ私は悪寒がしました。

しかし、中山市長がこれに参加する際、「玉城義和」氏、そしてなんと「翁長健志」氏と「確認書」を交わしていたのです。

その内容に驚くべき一文がありました。

「石垣市長中山義隆は米軍普天間基地野移設について、原則、県外への移設を理想とするものの、普天間基地野早期移設と周辺住民への危険性の除去を最優先と考えており、県内移設の選択肢を否定するものではない。」


「県内移設の選択肢を否定しない」という確認書に署名捺印をしたということは、その主張を飲み込んだことになります。

それを確認した文書に、「翁長雄志」氏の署名、捺印があるということは・・・

左翼のインテリ層の中に沸きあがっている「翁長は信用できない」という疑念を裏付ける証拠ではないでしょうか。

保守、そして政権側にとって「彼(翁長)が勝ったとしても、承認撤回には至らない」という希望的観測の根拠にもなりえるのかと。


※画像はご自由にお使いください。

翁長 確認書.jpg
posted by たわごとオヤジ at 13:04| Comment(0) | 沖縄活動記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テキサス親父と愉快な仲間たち

テキサス親父とゆかいな仲間達 第14話(上).jpg
テキサス親父とゆかいな仲間達 第14話(下).jpg
posted by たわごとオヤジ at 07:14| Comment(0) | テキサス親父 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

普天間基地のフェンスを汚しまくるプロ市民に突撃してきた

KAZUYA


2014/10/29 に公開
福山市イベント→http://kokucheese.com/event/index/193...
ブログ→http://kazuyahkd.com/archives/2671

<チャンネル登録をお願いします!>
KAZUYA Channel : https://www.youtube.com/user/kazuyahkd

<他のチャンネル>
KAZUYA Channel GX : http://ch.nicovideo.jp/kazuyagx
KAZUYA Channel 5D's : http://www.youtube.com/user/kazuyahkd2
posted by たわごとオヤジ at 00:09| Comment(0) | KAZUYA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。