南京大虐殺の虚構 ロゴ1.png
青少年育成連合会ロゴ.jpg
いじめから子供を守ろうネットワーク rogo.jpg
沖縄支局 ロゴ 枠付き.png
カマゴンの世直しブログ.png
headerLogo.jpg
もの申す2

2017年03月21日

◆米中の対北政策のすれ違い鮮明に 米国務長官が日本の核武装「除外しない」

《本記事のポイント》
・ティラーソン米国務長官が中国の習近平国家主席らと会談した
・北朝鮮問題については両国の足並みが全くそろっていない
・ティラーソン氏は日本の核武装について「その可能性も除外しない」と発言している


ティラーソン米国務長官は、日本と韓国を訪れた後、就任後初めて訪中し、18日の王毅外相との会談に続き、19日には習近平国家主席と会談した。

習氏との会談では、トランプ米大統領の訪中の意向を伝え、習氏も歓迎するなど、協調を演出したが、北朝鮮の核・ミサイル問題や在韓米軍へのミサイル迎撃システム配備、アメリカの対中貿易赤字の問題など、両国に大きな溝があることが鮮明になった。

(続きは以下のURLより)
http://the-liberty.com/article.php?item_id=12733
【関連する記事】
posted by たわごとオヤジ at 12:18| Comment(0) | The Liberty | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: