南京大虐殺の虚構 ロゴ1.png
青少年育成連合会ロゴ.jpg
いじめから子供を守ろうネットワーク rogo.jpg
沖縄支局 ロゴ 枠付き.png
カマゴンの世直しブログ.png
headerLogo.jpg
もの申す2

2017年05月16日

◆文在寅政権はどこも「平和的」ではない 日本にとっての3大リスク

《本記事のポイント》
・ 日本にとっての「核リスク」が増す――トランプ氏動けず時間稼ぎ
・ 反日歴史戦の再開 ―― 慰安婦少女像は韓国の「リンカン像」
・「核保有」「反日」の統一朝鮮が対馬の向こうに ―― 意外と近い韓国と北朝鮮

緊迫する朝鮮半島に、文在寅政権という新たな混乱要素が生まれた。

「親北・反日」と言われ、何となく危険なイメージのある同政権だが、日本にとって具体的にどのようなリスクがあるのか。3つに絞って紹介したい。


(1)日本にとっての「核リスク」が増す ―― トランプ氏動けず時間稼ぎ

まず、文政権の誕生は、北朝鮮にとって核ミサイル開発の時間稼ぎになる可能性が高い。

(続きは以下のURLより)
http://the-liberty.com/article.php?item_id=12993
【関連する記事】
posted by たわごとオヤジ at 17:05| Comment(0) | The Liberty | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: