南京大虐殺の虚構 ロゴ1.png
青少年育成連合会ロゴ.jpg
いじめから子供を守ろうネットワーク rogo.jpg
沖縄支局 ロゴ 枠付き.png
カマゴンの世直しブログ.png
headerLogo.jpg
もの申す2

2017年08月11日

◆ローラも泣いていた「奴隷契約」 法廷では通用しないケースがほとんど

《本記事のポイント》
・週刊文春が報じた「ローラ『10年奴隷契約書』」
・法廷では「奴隷契約」は退けられてきた
・今年、急に動き出す「タレント保護への取り組み」


テレビでは笑顔を見せ、視聴者に元気をくれているタレントが、裏では事務所とのトラブルで泣いている――。こうした事例が最近、次々に明らかになっている。

モデルのローラさんが6月、自身のツイッターで「ローラ最近裏切られたことがあって心から悲しくて沈んでいるんだけど、わたしは人には絶対にしない」「黒い心を持った人とは絶対に一緒にいたくない。10年の信頼をかえしてください」といったツイートを投稿し、その真意について様々な憶測を呼んだ。

(続きは以下のURLより)
http://the-liberty.com/article.php?item_id=13369
【関連する記事】
posted by たわごとオヤジ at 14:35| Comment(0) | The Liberty | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: