南京大虐殺の虚構 ロゴ1.png
青少年育成連合会ロゴ.jpg
いじめから子供を守ろうネットワーク rogo.jpg
沖縄支局 ロゴ 枠付き.png
カマゴンの世直しブログ.png
headerLogo.jpg
もの申す2

2017年06月24日

2017年06月23日

2017年06月21日

緊急会見・小池都知事が記者の質問から逃亡。まさかの築地市場・壮大な計画をぶち上げるも、財源の話になると言葉がでない。2017年6月20日東京都知事緊急記者会見。

TRD日本ちゃんねるさんの動画です。



2017/06/20 に公開
ぜひ、チャンネル登録をお願いしします。
登録はこちら→ https://www.youtube.com/channel/UCZ8KielSU51biEFBHOKRcQQ


---------------------------------------------

????????????????????????????

申し訳ない。

小池都知事の日本語がよく理解できないまま

載せてしまいました。



posted by たわごとオヤジ at 09:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月19日

◆国連人権理事会で「慰安婦強制連行の報告書、根拠にマンガ」と証言

《本記事のポイント》
・国連人権理事会で「クワラスワミ報告書」の資料元の一部がマンガだったと訴え
・クワラスワミ報告の聞き取りは北朝鮮系団体から、文献は週刊誌やマンガからも
・左翼の独壇場と化した国連人権理事会に、保守の意見を


スイス・ジュネーブで開催中の第35会期国連人権理事会で、「旧日本軍の慰安婦は性奴隷だった」とする「クマラスワミ報告書」の資料元の一部が「フィクションの漫画であった」ということを、同報告書の慰安婦問題部分について調査を行ってきた「論破プロジェクト」代表の藤井実彦氏が訴えた。ジュネーブの地元紙「ボランタイムズ」がその内容を報じている。

(続きは以下のURLより)
http://the-liberty.com/article.php?item_id=13137


━・━有料記事のご案内━・━

◆アメリカ人の65%が大手メディアを「フェイクニュース」と認識している
http://the-liberty.com/article.php?item_id=13136

━━━━━━━━━━━━━━━━

【ザ・リバティWeb, the Online English Edition最新記事のお知らせです】
トップページ左上のタブのENGLISHを選択し、ご覧ください。

【June 18, 2017】20 Million Americans Under Government Surveillance

The Edward Snowden scandal was a mere tremor compared to the latest accusation against the U.S. government.

Circa News reported that the NSA, CIA and FBI have been collectively spying on Americans. According to former intelligence contractor Dennis Montgomery, “more than 20 million American identities were illegally unmasked ? credit reports, emails, phone conversations and internet traffic, were some of the items the NSA and CIA collected,” the article stated....

Read the article>>
http://eng.the-liberty.com/2017/6808/



★[最新号]月刊『ザ・リバティ』7月号のご購入はこちらから(↓)
https://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=1865
Amazon:http://amazon.co.jp/o/ASIN/B06XW8KMKN/liberty0b-22/



◆◇ ━━━━━━━━━━━━━━ ◇◆
「ザ・リバティweb」の有料購読にお申し込みいただけますと、同記事のほか、 さらに2〜3記事が配信されます。
また、有料購読者限定記事や過去記事等、すべての記事をお読みいただけます。
有料購読のお申し込みは、今すぐこちらへ!
https://the-liberty.com/member/pre_register.php
━━━━━━━━━━━━━━━━
■無料メルマガ お試し☆ニュース・クリップは、
無料メルマガ「お試し☆ニュース・クリップ」会員登録を
された方用のサービスです。
■このメールは送信専用メールアドレスから配信されています。
ご返信いただいてもお答えできませんのでご了承ください。
■最新の情報はサイトでご確認ください。
リンク先の記事は一定期間経過後に削除されることもあります。
ザ・リバティweb:http://the-liberty.com/
■アドレス変更はこちらの「無料メルマガ「お試し☆ニュース・クリップ」登録メールアドレスの変更」をご覧ください。
http://the-liberty.com/member/pre_register_mailmagazine.php

■配信元:幸福の科学出版株式会社
Copyright(C) IRH Press Co.,Ltd. All Rights Reserved.
posted by たわごとオヤジ at 12:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

◆自動運転――変わるのは車ではなく、社会だ

《本記事のポイント》
・シリコンバレー企業などは、激甚な「自動運転」の開発競争の中にいる
・自動運転車が開発されれば、事故や渋滞が減り、生活スタイルが変わる可能性も
・未来社会につながるアイデアは、身近にもあるはず


アップルの最高経営責任者(CEO)ティム・クック氏は、これまで極秘にしてきた自動運転のプロジェクトについて、ようやく口を開いた。

ブルームバーグのインタビューで、クック氏は、自動運転システムの開発は「非常に重要なコア技術」であり、「全ての人工知能(AI)プロジェクトの母となり、取り組んでいるAIプロジェクトの中で、おそらく最も困難なもの」と語った。

(続きは以下のURLより)
http://the-liberty.com/article.php?item_id=13135


━・━有料記事のご案内━・━

◆危機の時代の台湾、中国、日本 マイアミ大学教授(政治学) ジューン・トーフル・ドレイヤー氏インタビュー
http://the-liberty.com/article.php?item_id=13134

◆これだけ知っトクNews(6月17日版) イスラム国バグダディ氏が死亡か 本当の解決には「安住できる土地」が必要
http://the-liberty.com/article.php?item_id=13133


――――――――――――――――――
★知っトクNews内容のサンプルはこちら
( http://the-liberty.com/article.php?item_id=10623 )
――――――――――――――――――


━━━━━━━━━━━━━━━━

★[最新号]月刊『ザ・リバティ』7月号のご購入はこちらから(↓)
https://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=1865
Amazon:http://amazon.co.jp/o/ASIN/B06XW8KMKN/liberty0b-22/




◆◇ ━━━━━━━━━━━━━━ ◇◆
「ザ・リバティweb」の有料購読にお申し込みいただけますと、同記事のほか、 さらに2〜3記事が配信されます。
また、有料購読者限定記事や過去記事等、すべての記事をお読みいただけます。
有料購読のお申し込みは、今すぐこちらへ!
https://the-liberty.com/member/pre_register.php
━━━━━━━━━━━━━━━━
■無料メルマガ お試し☆ニュース・クリップは、
無料メルマガ「お試し☆ニュース・クリップ」会員登録を
された方用のサービスです。
■このメールは送信専用メールアドレスから配信されています。
ご返信いただいてもお答えできませんのでご了承ください。
■最新の情報はサイトでご確認ください。
リンク先の記事は一定期間経過後に削除されることもあります。
ザ・リバティweb:http://the-liberty.com/
■アドレス変更はこちらの「無料メルマガ「お試し☆ニュース・クリップ」登録メールアドレスの変更」をご覧ください。
http://the-liberty.com/member/pre_register_mailmagazine.php

■配信元:幸福の科学出版株式会社
Copyright(C) IRH Press Co.,Ltd. All Rights Reserved.
posted by たわごとオヤジ at 12:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする