南京大虐殺の虚構 ロゴ1.png
青少年育成連合会ロゴ.jpg
いじめから子供を守ろうネットワーク rogo.jpg
沖縄支局 ロゴ 枠付き.png
カマゴンの世直しブログ.png
headerLogo.jpg
もの申す2

2015年06月18日

【患者数が飛びぬけてるサウジ、UAE二国の共通点…】

理由わかっちゃいました

・ウイルスの感染力は強くなっていない
・インフルエンザのように流行しない
・過去に【MERSに不意打ち喰らった国】リスト 数字は感染者



イギリス 4
ドイツ  2
フランス 2
イタリア 1
ギリシャ 1
オランダ 2
オーストリア 1
トルコ  1

アフリカですら
チュニジア  1
アルジェリア 2

マレーシア 1
フィリピン 2

不意打ちじゃなく、ラクダがいる中東ですらこんなもん
オマーン  5
クウェート 3
エジプト  1
イエメン  1
レバノン  1
イラン   5

カタール  10
ヨルダン  19

サウジ 936  ←韓国と国家規模で医療連携
UAE  74  ←韓国と国家規模で医療連携

韓国  150 ←いきなり躍り出て、絶賛記録更新中
posted by たわごとオヤジ at 01:02| Comment(0) | 京●氏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月12日

YASKAWA BUSHIDO PROJECT / industrial robot vs sword master

【衝撃】日本刀を持ったロボットVSサムライ! 360万回再生され世界が絶賛!

産業用ロボットに日本刀を持たせ、人間と対決させる動画が、インターネット上で大ブレイクしている。あまりにも人気がありすぎて、すでに再生数は360万回を突破。ロボットと武士の戦いが、世界中から絶賛されている。

・サムライとロボットの対決
ロボットを作ったのは安川電機で、100周年を記念し、産業用ロボットと人間との対決を考え、そのようすを動画として残した。ロボットの対戦相手は、剣術の達人といわれている町井勲氏。まさに現代に生きるサムライとロボットの対決といえる。


・ロボットと人間の限界に挑戦
まるで、映画『マトリックス』の時代へと一歩踏み出したかのようなこの対決は、ロボットと人間の限界に挑戦する、大いなる記録。切りあって戦うのか!? と思った人もいるかもしれないが、さすがにそうではない。

・その精密さを勝負する
まさに一刀両断の対決。どれほど正確に、どれほど高速で、どれほど美しく切ることができるのか。交互に同じ物体を切っていき、その精密さを勝負する。特に驚きなのが、サヤエンドウのような小さくて硬い物も、ロボットが持つ日本刀でバッサリと半分にしてしまった点だ。

・機械がサムライの称号を得る日
もしかすると、近い将来、産業用ロボットが進化して、人型ロボットが日本刀を持ち、サムライの称号を得る日がやってくるかもしれない。



海上自衛隊旭日旗.jpg


2015/06/04 に公開


安川電機は、創立100周年という節目に、安川電機に連綿と受け継がれる”ものづくり-スピリット”を世界に向けて発信。

『YASKAWA BUSHIDO PROJECT』は、「6mmBB弾居合斬り」を始め数多くの世界記録を保持する町井-氏の神業とも言える剣技を、”俊敏性”・”正確性”・”しなやかさ”を高次元に融合さ-せるという産業用ロボットの性能限界に挑みながら、「MOTOMAN-MH24」で忠-実に再現するプロジェクトです。

Yaskawa Electric Corporation will continue to transmitting "manufacturing spirit" inherited unbroken in this Corporation to the world at the juncture of its 100th anniversary. "YASKAWA BUSHIDO PROJECT" is the project representing Machii's swordplay exactly the same by using "MOTOMAN-MH24", he retains many world record like "Cutting BB Gun 6mm pellet" and his play is also said God's miracle, while challenging to the performance limits of the industrial robot that integrate the "agility", "accuracy", "flexibility" to high-dimension.
posted by たわごとオヤジ at 19:48| Comment(0) | 京●氏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月24日

“「意思あるところに道は開ける」”奇跡と驚かせた日本の貢献


Project X 麻生太郎の挑戦 〜中東に平和と繁栄の回廊を描け - YouTube
https://youtu.be/-glmyOXyuII

麻生 「パレスチナさん、いつまでも義援金だけでは国が成り立たんだろう。まずは農業国家として経済的自立を果たしてみる気はないかね? ノウハウは日本が提供するが、約束してもらいたいことがひとつだけ。それは、日本人並に働くこと。どうだ、できるかい?」

パレスチナ「はい、信じてください」

麻生 「イスラエルさん、そういうわけだ。約束して欲しいことがある。今後、この地域にに政治的・軍事的介入を一切行わないこと。」

イスラエル「ああ、約束しよう」

麻生 「ところでヨルダンさん、飛行場までの道路整備を日本にやらせてもらいないかなぁ。後で君たちも自由に使っていい。だがその代わりここを農産物の輸出販路として使用させて欲しい」

ヨルダン「ああ、問題ない」

シモン・ペレス イスラエル大統領「不思議なものだな。私たちはこれまで三ヶ国で何百回も和平交渉のテーブルについてきたのに、カネ儲けのために席についたのはこれが初めてだ・・・」

麻生「ユダヤ人がカネ儲け意外でなぜ交渉ごとなんてするんだね?」

そういうとケラケラと笑った。


後日、麻生からこの話を聞かされたアメリカは、「驚愕に値する。実現すれば奇跡だ。」と驚いた。

…………………

「肝心なことはたったひとつなんだよ。一生懸命働くこと。資源のないこの国が、経済大国として世界と渡り合えるのは、一生懸命に働く姿を美徳とする日本特有の宗教観にあったと私は確信している。

グローバル化の時代を迎えて、今後、日本だけが平和を享受していくというわけにはいかなくなるだろう。

中東平和の実現は,貧困と絶望からの脱出が突破口になるとおもう。そのときに、私たちが持っているこの当たり前の価値観が、きっと彼らの役に立つと僕は確信している。

アイデアは彼らからもらい、日本の技術で実現させる。これが日本らしい外交の在り方だと、僕はそう思うけどなぁ。」


Peace and Happiness through Economic prosperity and Democracy

―――――  麻生 太郎

posted by たわごとオヤジ at 10:41| Comment(0) | 京●氏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月15日

ツイッター

井上太郎 @kaminoishi ・ 5月13日

沖縄翁長知事が27日から訪米します。

辺野古移転反対を訴えるそうですが、外交と防衛は絶対的に国策です。

舛添都知事のごとく二重外交になる恐れあります。

アメリカ側も要人が面会するわけありません。

むしろ諜報機関により失脚が図られます。

翁長知事の身辺調査、結構進んでいると思います。



井上太郎 @kaminoishi ・ 5月13日

翁長知事、アメリカで辺野古移転反対を訴えて、アメリカがもし了解した、

それでは普天間に居続けますと回答されたらどうするのでしょうか?

移転反対を訴えるということは米軍駐留は認めることになります。

だからと言って米軍基地反対は日本国内問題なのでいえません。

恥かきに訪米することになります。

posted by たわごとオヤジ at 18:18| Comment(0) | 京●氏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ツイッター

井上太郎 @kaminoishi ・ 4時間前

南朝鮮の安部演説批判の国会決議と中共の核意識問題について、菅官房長官が安倍総理並びに日本国を代表して怒り心頭です。マスコミや野党のだんまり、こいつら本当に売国奴です。

日本が馬鹿にされて黙っているのか!国民として一斉に抗議の声が絶対必要です。

中共南朝鮮は日本の害であり完全な敵です。




井上太郎 @kaminoishi ・ 4時間前

いつまで日本は敗戦による遠慮というか控えめな気持ちを持ち続けるのでしょうか?

安倍総理が日本を取り戻すと公約にしています。

日本国民も共に戦わなければ日本を取り戻すことは出来ません。

今回の南朝鮮の国会決議と中共のやり口に黙っていては日本人ではありません、取り戻せません。

抗議の声を!!
posted by たわごとオヤジ at 18:16| Comment(0) | 京●氏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。