南京大虐殺の虚構 ロゴ1.png
青少年育成連合会ロゴ.jpg
いじめから子供を守ろうネットワーク rogo.jpg
沖縄支局 ロゴ 枠付き.png
カマゴンの世直しブログ.png
headerLogo.jpg
もの申す2

2015年06月24日

「沖縄の自己決定権」拡大は琉球独立への地獄の道

自己決定権」という耳慣れない言葉を、最近、よく耳にします。

自己決定権(じこけっていけん、autonomy、right of self-determination)

<Wikipedia>
自己決定権  = 自分の生き方や生活についてを自由に決定する権利。国際人権規約(自由権規約、社会権規約)の各第1部第1条には集団的決定権としての民族自決(self-determnation)が明記されている。

マスコミは、「自己決定権とは、自分たちのことは自分で決めること」という意味で、この言葉を安易に使っています。
確かに日本国内では、そのような解釈で使われていますが、国連に「自己決定権」(self-determination)の話を持ち出した途端に、「自己決定権」は「民族自決権」を意味する言葉になります。

それでは、「民族自決権」の定義は、いったい何でしょうか?



 続きは下のタグをクリック
JAPAN+.jpg
posted by たわごとオヤジ at 16:24| Comment(0) | JAPAN+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月10日

糸数慶子議員が国会包囲し「沖縄独立」を訴える

現職参議院議員が国会前で「沖縄独立」訴え

沖縄・辺野古への米海兵隊新基地建設に反対する「人間の鎖」行動が1月24日午後、国会周辺で行われました。

糸数慶子参議院議員(沖縄大衆党)はマイクを握り、演説の中で「沖縄の独立も視野に入れる」と述べました。


JAPAN+.jpg
posted by たわごとオヤジ at 16:02| Comment(0) | JAPAN+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国が沖縄“強奪”を画策?大量の中国共産党幹部、日本で“人間ドック受診計画”か

「中国共産党が、徳洲会グループの沖縄徳洲会に接近を図っている」という衝撃的な情報が飛び込んできた。
「徳洲会の系列病院に、多数の党中堅幹部を人間ドックのために送り込む交渉をしているようです」(警視庁公安部関係者)というのだ。
公安当局は「ついに沖縄に手を出そうとしているのか」と警戒を強め、中国側の真の狙いを探っている。

しかも、この動きの背後にあるのは、自民党の親中派の大物、二階俊博総務会長の存在だという。

画像をクリック
JAPAN+.jpg
posted by たわごとオヤジ at 15:53| Comment(0) | JAPAN+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。