南京大虐殺の虚構 ロゴ1.png
青少年育成連合会ロゴ.jpg
いじめから子供を守ろうネットワーク rogo.jpg
沖縄支局 ロゴ 枠付き.png
カマゴンの世直しブログ.png
headerLogo.jpg
もの申す2

2017年03月21日

◆米中の対北政策のすれ違い鮮明に 米国務長官が日本の核武装「除外しない」

《本記事のポイント》
・ティラーソン米国務長官が中国の習近平国家主席らと会談した
・北朝鮮問題については両国の足並みが全くそろっていない
・ティラーソン氏は日本の核武装について「その可能性も除外しない」と発言している


ティラーソン米国務長官は、日本と韓国を訪れた後、就任後初めて訪中し、18日の王毅外相との会談に続き、19日には習近平国家主席と会談した。

習氏との会談では、トランプ米大統領の訪中の意向を伝え、習氏も歓迎するなど、協調を演出したが、北朝鮮の核・ミサイル問題や在韓米軍へのミサイル迎撃システム配備、アメリカの対中貿易赤字の問題など、両国に大きな溝があることが鮮明になった。

(続きは以下のURLより)
http://the-liberty.com/article.php?item_id=12733
【関連する記事】
posted by たわごとオヤジ at 12:18| Comment(0) | The Liberty | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月20日

可能性無限大!“考える力”の高め方 1325回 (2017.2.18,19)



心の指針「政治の意味」 1323回 (2017.2.4,5)
posted by たわごとオヤジ at 19:34| Comment(0) | 天使のモーニングコール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

◆立川市の婚姻届が人気 減点主義をやめ、より良いサービスを

《本記事のポイント》
・立川市が発案した婚姻届が人気
・役所も「付加価値」を創造すべき
・減点主義ではなく、成果主義へ


東京都立川市が発案した「プレミアム婚姻届」が、市内外から人気を博している。

プレミアム婚姻届とは、それまで役所に提出するだけだった婚姻届を、記念品として台紙に飾って持ち帰れるようにしたもの。人口減少を解決するため、20代後半から30代の若手職員によって考えだされたという。可愛らしくなった婚姻届は反響を呼び、現時点では1400部を販売している。

これまでも、独自のデザインを施した婚姻届はあったものの、記念品として手元に残せる婚姻届は、都内初だという。

(続きは以下のURLより)
http://the-liberty.com/article.php?item_id=12729

━・━有料記事のご案内━・━

◆森友学園問題に見る日本の「不自由」 学校設立のハードルの異常な高さ
http://the-liberty.com/article.php?item_id=12728

――――――――――――――――――
★知っトクNews内容のサンプルはこちら
( http://the-liberty.com/article.php?item_id=10623 )
――――――――――――――――――


━━━━━━━━━━━━━━━━

★[最新号]月刊『ザ・リバティ』4月号のご購入はこちらから(↓)
https://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=1828
Amazon:http://amazon.co.jp/o/ASIN/B01MRZGQSO/liberty0b-22/




◆◇ ━━━━━━━━━━━━━━ ◇◆
「ザ・リバティweb」の有料購読にお申し込みいただけますと、同記事のほか、 さらに2〜3記事が配信されます。
また、有料購読者限定記事や過去記事等、すべての記事をお読みいただけます。
有料購読のお申し込みは、今すぐこちらへ!
https://the-liberty.com/member/pre_register.php
━━━━━━━━━━━━━━━━
■無料メルマガ お試し☆ニュース・クリップは、
無料メルマガ「お試し☆ニュース・クリップ」会員登録を
された方用のサービスです。
■このメールは送信専用メールアドレスから配信されています。
ご返信いただいてもお答えできませんのでご了承ください。
■最新の情報はサイトでご確認ください。
リンク先の記事は一定期間経過後に削除されることもあります。
ザ・リバティweb:http://the-liberty.com/
■アドレス変更はこちらの「無料メルマガ「お試し☆ニュース・クリップ」登録メールアドレスの変更」をご覧ください。
http://the-liberty.com/member/pre_register_mailmagazine.php
■配信元:幸福の科学出版株式会社
Copyright(C) IRH Press Co.,Ltd. All Rights Reserved.
posted by たわごとオヤジ at 18:21| Comment(0) | The Liberty | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

◆働き方改革に見る「共産主義化」の嫌な流れ

《本記事のポイント》
・行き過ぎた市場介入は共産主義につながる
・働き方改革と不気味な言論空間
・企業の自由を広げる規制緩和の考え方も入れるべき


安倍政権の進める「働き方改革」に関する解説記事が、読売新聞に掲載された。

政府が設置する「働き方改革実現会議」では、残業時間上限の制定や、違反企業への罰則が検討されている。17日には、例外的に認められていた残業時間の上限規制を「月100時間未満」にすることが正式に決定された。長時間労働の是正のほか、「同一労働同一賃金」も進め、正規雇用と非正規雇用の“格差”もなくそうとしている。

これについて読売新聞は、「長時間労働の是正は不可欠」とし、改革が必要な理由を説明しながら、政権の政策を肯定的に評価した。

(続きは以下のURLより)
http://the-liberty.com/article.php?item_id=12730
posted by たわごとオヤジ at 18:15| Comment(0) | The Liberty | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月19日

ゆんたくシーサーRadio「暗号解読に見る真実の軍事史とは パープル暗号とエニグマ」



2017/03/18 に公開

沖縄発のFM21・FMレキオ・ちゅらハートFMもとぶの3局同時放送のゆんたくシーサーRadioです。
ゆんたくシーサーゲストはゆかりん所長、みなごん、みくでお送りしました。
posted by たわごとオヤジ at 18:52| Comment(0) | ゆんたくシーサー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

◆「ロボハラ」に負けない人間のアイデンティティを確立するには

≪本記事のポイント≫
・ロボットによるハラスメントが出てくる時代に
・人間は機械に劣っているわけではない
・心の価値に目を向けるべき


近年、産業の現場へ参入しはじめたロボットと人間との協調をどうすべきかについて、注目が集まっている。そんな中、日経産業新聞はこのほど、「生産現場の『ロボハラ』防げ」と題した記事を掲載した。

記事によると、人間とロボットが共に仕事をする中で、人間の柔軟な対応をロボットが妨げることがあるという。例えばロボットは、あらかじめ決めた道以外を通ることができない。工事などで迂回路を通る場合、ロボットに新しいプログラムを書き込む必要があり、小さな変更にも大きな手間がかかる。これをロボットハラスメント(ロボハラ)と呼ぶ。

(続きは以下のURLより)
http://the-liberty.com/article.php?item_id=12727

━・━有料記事のご案内━・━

◆これだけ知っトクNews(3月18日版) 初の米独首脳会談 難民・貿易政策で意見の不一致が鮮明に
http://the-liberty.com/article.php?item_id=12725

――――――――――――――――――
★知っトクNews内容のサンプルはこちら
( http://the-liberty.com/article.php?item_id=10623 )
――――――――――――――――――


━━━━━━━━━━━━━━━━

★[最新号]月刊『ザ・リバティ』4月号のご購入はこちらから(↓)
https://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=1828
Amazon:http://amazon.co.jp/o/ASIN/B01MRZGQSO/liberty0b-22/




◆◇ ━━━━━━━━━━━━━━ ◇◆
「ザ・リバティweb」の有料購読にお申し込みいただけますと、同記事のほか、 さらに2〜3記事が配信されます。
また、有料購読者限定記事や過去記事等、すべての記事をお読みいただけます。
有料購読のお申し込みは、今すぐこちらへ!
https://the-liberty.com/member/pre_register.php
━━━━━━━━━━━━━━━━
■無料メルマガ お試し☆ニュース・クリップは、
無料メルマガ「お試し☆ニュース・クリップ」会員登録を
された方用のサービスです。
■このメールは送信専用メールアドレスから配信されています。
ご返信いただいてもお答えできませんのでご了承ください。
■最新の情報はサイトでご確認ください。
リンク先の記事は一定期間経過後に削除されることもあります。
ザ・リバティweb:http://the-liberty.com/
■アドレス変更はこちらの「無料メルマガ「お試し☆ニュース・クリップ」登録メールアドレスの変更」をご覧ください。
http://the-liberty.com/member/pre_register_mailmagazine.php

■配信元:幸福の科学出版株式会社
Copyright(C) IRH Press Co.,Ltd. All Rights Reserved.
posted by たわごとオヤジ at 14:05| Comment(0) | The Liberty | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

◆福島原発事故、「国と東電に責任あり」の判決 政府は「原発は安全」と宣言すべき

≪本記事のポイント≫
・福島第一原発事故について、国と東電に責任があったとする判決が出た
・原発を高台に建設していれば、事故を防ぐことはできた
・ただ、「原発は危険」というのはイメージに過ぎない

巨大津波は予測可能で、原発事故は防げた――。そんな判決が初めて出た。

福島第一原発事故の影響で、福島県から群馬県に避難した住民ら137人が、国と東京電力を相手取り、約15億円の損害賠償を求めて訴訟を起こしていた。前橋地裁は17日に、「対策をすれば事故を回避できた」として、国と東電に合わせて3855万円の賠償を命じた。

(続きは以下のURLより)
http://the-liberty.com/article.php?item_id=12726
posted by たわごとオヤジ at 13:58| Comment(0) | The Liberty | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月18日

南京大虐殺



yosi ozuさん  2016/11/27 に公開
説南京大虐殺という大嘘は、完全に石平氏に論破された。
殺すことも、死体を数えることも、その死体を埋葬することも、な気力、大変エネルギイが必要である。
posted by たわごとオヤジ at 19:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

◆花粉症のスピリチュアルな理由 江戸時代には「花粉症」はなかった!?

3月も中旬を過ぎ、花粉症のピークがやって来ました。日本人の4人に1人がかかっているといわれる花粉症は、まさに「日本の国民病」と言えます。

しかしこの花粉症の発症について、医学でも"本当の理由"は分かっていません。

もちろん、メカニズムの一部は分かっています。ご存知のように、花粉に対して、体がアレルギー反応を起こすのです。

ただ、「なぜ現代になってから、花粉症という病気が生まれたのか」「人間がアレルギー反応を起こすようになったのか」は謎のままなのです。

(続きは以下のURLより)
http://the-liberty.com/article.php?item_id=12723

━・━有料記事のご案内━・━

◆左翼運動から転向した記者のモノローグ・後半【思考回路が分からない・特別編】
http://the-liberty.com/article.php?item_id=12722

◆これだけ知っトクNews(3月17日版) オランダ下院選で与党が勝利 「トランプ革命」がヨーロッパでも起こる!?
http://the-liberty.com/article.php?item_id=12721

――――――――――――――――――
★知っトクNews内容のサンプルはこちら
( http://the-liberty.com/article.php?item_id=10623 )
――――――――――――――――――


━━━━━━━━━━━━━━━━

★[最新号]月刊『ザ・リバティ』4月号のご購入はこちらから(↓)
https://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=1828
Amazon:http://amazon.co.jp/o/ASIN/B01MRZGQSO/liberty0b-22/




◆◇ ━━━━━━━━━━━━━━ ◇◆
「ザ・リバティweb」の有料購読にお申し込みいただけますと、同記事のほか、 さらに2〜3記事が配信されます。
また、有料購読者限定記事や過去記事等、すべての記事をお読みいただけます。
有料購読のお申し込みは、今すぐこちらへ!
https://the-liberty.com/member/pre_register.php
━━━━━━━━━━━━━━━━
■無料メルマガ お試し☆ニュース・クリップは、
無料メルマガ「お試し☆ニュース・クリップ」会員登録を
された方用のサービスです。
■このメールは送信専用メールアドレスから配信されています。
ご返信いただいてもお答えできませんのでご了承ください。
■最新の情報はサイトでご確認ください。
リンク先の記事は一定期間経過後に削除されることもあります。
ザ・リバティweb:http://the-liberty.com/
■アドレス変更はこちらの「無料メルマガ「お試し☆ニュース・クリップ」登録メールアドレスの変更」をご覧ください。
http://the-liberty.com/member/pre_register_mailmagazine.php

■配信元:幸福の科学出版株式会社
Copyright(C) IRH Press Co.,Ltd. All Rights Reserved.
posted by たわごとオヤジ at 12:02| Comment(0) | The Liberty | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

◆ティラーソン米国務長官が就任後初来日 対北朝鮮対策の「新しいアプローチ」とは

《本記事のポイント》
・ティラーソン米国務長官が来日し、安倍首相と会談
・トランプ政権は対北朝鮮であらゆる選択肢を検討
・日本も国防をアメリカ任せにせず、自力で自国を守る覚悟を固めるべき時


安倍晋三首相は16日、来日中のティラーソン米国務長官と首相官邸で会談し、核弾道ミサイル開発を進める北朝鮮への対策について話し合った。日米間で戦略目標を共有することが重要であり、北朝鮮への圧力強化が必要との認識で一致した。

ティラーソン氏は、アメリカの過去20年間の対北朝鮮政策は「失敗だった」と断じ、オバマ政権の「戦略的忍耐戦略」を終わらせる意向を明らかにした。トランプ政権が進める北朝鮮政策の見直しについては、「あらゆる選択肢がテーブルの上に乗っている」と述べている。

(続きは以下のURLより)
http://the-liberty.com/article.php?item_id=12724

posted by たわごとオヤジ at 11:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする